美容整形

にきび跡を治療

美容整形

肌トラブルの1つとして挙げられるにきび跡は、多くの人がこの問題に直面しているのではないでしょうか。日頃のスキンケアによってはある程度のにきび跡なら改善する見込みがあります。しかし、残念ながらクレーター型のにきび跡になってしまっては自分自身でのケアでは改善する見込みがありません。しかし、今の美容整形ではクレーター型のにきび跡や色素沈着型後であっても改善を見込める治療法が確立されています。それが、医療用レーザーを利用する治療方法です。他にも、しこりタイプのにきび跡やミミズ腫れっぽいにきび跡もレーザー治療で改善を見込めます。スキンケアだけでは改善が見込めないにきび跡を改善するために、クレータ型のにきび跡で悩んでいる人は、一度美容整形のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

肌というのは、ターンオーバーと言われる肌細胞の生まれ変わりが行なわれています。しかし、肌細胞の生まれ変わりが行なわれているということは、クレーター型のにきび跡も消えるとイメージする人も少なくないでしょう。ですが、ターンオーバーと言われる肌細胞の生まれ変わりは、表皮だけにしか行なわれない特徴があるのです。そのため、真皮や皮下細胞付近での問題であるクレーター型などのにきび跡はターンオーバーでも解決することが出来ないのです。しかし、レーザー治療で行なわれる医療用レーザーは、真皮や皮下細胞にまで直接光を届けることが可能です。そのため、真皮や皮下細胞にまで影響があるにきび跡を解決することが可能になっています。しかし、人間がやる施術と設備によって多少のばらつきがあります。特に、医師の施術技能に左右されることが多いと言われています。